3.11東日本大震災の教訓│今に生きることばたち。

ことばには、力があります。

こんにちは、がずー。です。今回もブログの投稿を見てくださってありがとうございます。
今回は「東日本大震災」について少し取り上げようと思います。9年たった今感じること、今でも生き続けていることを記していきます。

2011.3.11―刻まれた鮮明な記憶

2011年3月11日、この日付、この日の出来事は徐々に日常に戻りつつある私にとっても、確実に頭の片隅に、確実に記憶としてとどまっています。

 

ジャンルは全く違うと思いますが、高齢者の方の”戦争”の記憶、それと同じように確かに自分の中に経験として生きている人も少なからず存在しているのだと思います。

 

自分で言うのもなんですが、若くしてこの未曽有の大災害を体験したことで、物事の見方や考え方、そしてそれを基に行動に移す行動力を身に付けたように思います。もちろん、たいそうなことでもないですし、当たり前と言われればそれまでのようなものばかりですが…。

 

当時の僕はまだまだ幼く、お気楽に過ごしている感じの学生でした。実際の自身の被害も軽微で、停電してその日に復旧された程度のものでした。

 

幸いにも、学生のころ、授業で作成した手回しラジオが家にあったため停電した後もニュースを聞くことができました。
その時に耳にした言葉、
震度6強(のちに震度7に変更)、津波警報・注意報、余震です…

 

今でも結構鮮明にその時の音声が頭の中で再生されます。
想像を絶する映像や写真が飛び込んだあの頃。改めて当時の写真を提示するまでもなく、皆さんも目にしたことでしょう。信じられませんでした。正直、外国のどこかの映像を見ているのではないかと当時は思っていました。しかし、字幕スーパーには確実に日本の地名。受け入れるしかありませんでした。

 

人間って、無力だな。

 

無力だからこそたくさん思考して、創造して、今を生きていることは当時の自分でも理解しています。しかし、時に自然の猛威には完全に無力だということを思い知らされました。

被災地を訪れる―五感で触れる

 

縁あって、僕は震災のあった後に2回被災地を訪れています。
1回目はボランティアとして。
2回目は被災地視察ツアーで。
ちょうど1年間隔で訪れている感じですね。

 

ボランティアで参加した時は「津波でやられてしまった農地を復活させるための作業」として、農地跡に転がる大きい石の除外を行いました。正直、地味な作業です。しかし、この作業も小さな1歩になることが分かっていたため、集中して作業に取り組んでいきました。あっという間に刻限になったことを覚えています。

 

津波にさらされた土壌は言わずもがな、塩分を大量に含んでいる状態です。深くまで染みてしまった土を浄化するためには、ある程度深いところまで土を掘り返して浄化作業を行う、これを根気よく繰り返すしかありません。しかし、それを行おうにも津波で流されてしまったありとあらゆるものが土の中に埋もれてしまっているため、作業が難航してしまうのです。そもそも、その場所までの道も整備が完了している状態ではないため、重機も簡単には入れ込めません。人海戦術で着実に繰り返し作業するしかないのです。

 

参加については被災地を見たいからという目的がまずありました。テレビやラジオで見た光景は本当なのか。それを実際に確かめたかったんですね。バスから見た景色は突然がれきに変わり、そして復興途中の景色に変わっていったことを覚えています。「うわ…」と言った後、数分間絶句したことも。
ここから、「少しでも力になりたい」ということでツアーに参加しました。その場所の経済を回すことで少しでも復興に近づけるように、と。

 

このツアーでは、被災地の方の体験談を聞くことができる時間がありました。現地で見た人しかわからない、生々しいその当時の様子を惜しみなく言葉にして表現していました。この話を聞いてなかったらおそらく今の自分は東日本大震災についてもうそれほど覚えていなかったかもしれません。

今に生きることば~立教新座中学・高等学校校長メッセージ~

 

皆さんは立教新座中学・高等学校校長の渡辺憲司さんが、2011年度卒の卒業生へ宛てた校長式辞をご存知でしょうか。全文が学校HPに掲載されていますのでぜひご覧ください。
立教新座中学・高等学校ホームページ
卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。(校長メッセージ)

 

当時、話題になっていた文章ではありますが、それを覚えている人は多くはないのではないかと推察します。
ちなみに現在は校長を退き、また別の学校で教鞭をとられているようです。
「大学に行くとは〝海を見る自由〟を得るため」 あの名物校長が退任 withnewsより
私は毎年、3.11を迎える度にこの文章のことを思い出し、余裕があればこの文章を読み返しています。主に大学へ進学する卒業生へ向けたメッセージになっていますが、社会人となった今でも胸に刺さるものがあります。
もちろん、私だけが刺さっているだけで皆さんにとってはそうでもないかもしれません。しかし、毎年読み返すたびに、毎回違うところで深く刺さる部分が出てくるのです。

 

今年は「自由」という言葉です。
大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。
 言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。

 

正直、今の私は会社に勤めている身として、自由を束縛されている状態だといえるでしょう。それが時間であったり、就労規則であったり、通勤ルートだったり、挙げれば意外にたくさんあります。
諸君の脳裏に波の音が聞こえた時、君は途中下車して海に行けるのだ。

 

もちろん、仕事中に行くことはもちろん叶いません。休みの日にはほかに行きたいところが出てきてしまうこともあるでしょう。その時、その場所へ行けるということが大事であって、時間が経ってしまった後に訪れてしまっても、その時の気持ちを得ることは叶わなくなります。

 

そんな自由が、学生時代にはおおよそ許容されていました。(もちろん自己責任ですが…)

 

社会人となって務めている中では、今の社会の現実をほとんど「直視」することができなくなってしまっています。ニュースや写真など、様々なメディアで「間接的に見る」ことは出来ても、五感で物事を感じることには到底及びません。

 

百聞は一見に如かず、なのですね。
そんなことを、今年この文章を読んで、ふと思いました。
一般男性の独り言として記させてください。
(ちなみに去年は「孤独」という言葉が深く刺さりました…。)

最後に…。

 

来年になると東日本大震災は10年前の出来事になります。
今を生きる人たちに多くの影響を与えた出来事と言っても過言ではありません。
時が経った今でも、この話題から多くの学びや知恵を吸収することができると思います。
それが、今日を生きることの出来なかった人々への、今でもできる唯一の貢献になると思います。
僕は来年、また何を思うのか。また記事としてかけそうであれば、来年も認めていきたいです。
以上、がずー。でした。

 



少しでもビビッと来たらぜひシェアください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アラサーに足を突っ込んだ、転職すでに2回もした一般男性です。 趣味であるゲームや動画・配信視聴などから様々な機会・出会い・交流に恵まれて、何とか生きてます。その経験も踏まえて、日々思うことや気になることを中心に少しアウトプットしていこうと思っておりました。 最近、iPhoneに機種変更してウキウキしてます。(イラスト:おいしいさかな さん)

カテゴリー