【サーモンラン】たつじん到達者アルバイター研修①│知識・攻略・コツ

ようこそ!たつじんバイターの世界へ!

 

みなさんこんにちは、がずー。です。

今回は、Splatoon2のゲームモードであるサーモンランの攻略について、

【たつじんに上がることができた!】という方に向けて、これからはこれを意識すればいい感じに100まで上がれるよ!

という内容について書いていきたいと思います。

 

がずー。
※これは個人の見解を記したものですので、内容についての解釈は自己責任でお願いしますね。

Splatoon2のゲームモード【サーモンラン】

動画で見てもらった方が分かりやすいでしょう。ということで、自分の動画をここぞとばかりに置いていきます。珍しく、自分のシャケ動画に生声で解説入れた動画です。

 

簡単に説明すると…
デカいシャケ倒して出てくる金イクラを時間内に一定数納品しましょう!

 

っていうゲームモードです。ゲームモードの説明については公式HPにお任せします…。
NintendoSwitch Splatoon2 サーモンラン

この記事見てる方のほとんどはサーモンランのことを知っていると思いますので説明はこのくらいにして本題に入りましょう。

 

たつじん400維持を目指す方向けのマニュアルはこちら!

【サーモンラン】たつじん400維持マニュアル②~WAVE特徴編~│知識・攻略・コツ

※たつじん400マニュアルは現在、①、②、③、④-1まであります!今回関係する②にリンクを飛ばしてますが、ぜひ他の記事もご覧ください!

 

 

夜イベントの簡単な内容をおさらいしよう!

がずー。
今回のポイントは「夜イベントの内容」についてになります。

 

 評価が上がるにつれて増えていく「夜イベント」。クマサンからはこれらのくわしい説明はあまりありません。よって、今回はがずー。が最低限覚えておいて間違いない!という内容を紹介させていただきます!

 

【ふりかえり】評価と夜イベントの関係性

夜イベントは、サーモンランの評価によって発生する内容が異なります。

  かけだし はんにんまえ いちにんまえ じゅくれん たつじん
干潮・満潮
ラッシュ ×
濃霧 ×
グリル発進 ×
ドスコイ大量発生 × ×
キンシャケ探し × × ×
ハコビヤ襲 × × ×

かけだしアルバイターの時は、なんと夜WAVEが起きないんですね。2年以上前に経験したことなので僕はすでにどうだったかもう忘れております…。

 

 ラッシュ (はんにんまえ~/通常・満潮)

 

内容

プレイヤーの誰かにヒカリバエがまとわりついてしまいます。

そして、ヒカリバエ(と、ヒカリバエにまとわりつかれてしまったプレイヤーを)めがけて、狂暴化した大量のシャケとキンシャケ数匹が猛スピードで迫ってきます。

このWAVEでキンシャケを倒した場合、他のWAVEで通常出現するオオモノシャケと同様で3つの金イクラを落としてくれます。しかし金イクラはじけるように落ちるため、段差が近くにある時に倒した場合、下に金イクラが落ちてしまうこともあります。

 

意識したい立ち回り

がずー。
ヒカリバエが自分についてしまったら、納品はガマン…ガマン…ガマン!だよ!

・【ヒカリバエがついてしまったら】納品はガマンして耐え抜こう!
ヒカリバエがついてしまった時にコンテナに金イクラを納品しに行くことは悪手です。周りのプレイヤーが頑張って納品や処理をしているところに狂暴化シャケを向かわせてしまうことになってしまいます。みんなが固まって処理しやすい場所を見つけたら、ヒカリバエがついている人はそこからできるだけ動かずに確実にシャケを処理しよう。

 

・【ヒカリバエが離れているときは】攻撃と納品をバランスよくこなそう!
狂暴化したシャケはかなり簡単に倒すことはできますが、キンシャケはそこそこ固いです。一人の攻撃だけでは処理しきれません。また、攻撃をしているとインク回復もうまくできないので、最低でもヒカリバエがついた人と合わせて2人で常に倒す役に回っておきたいです。

 

・ひとりやられたらスペシャルパウチを解放だ!
ヒカリバエは1人やられてしまうと一気に失敗に傾いてしまう難しいWAVEです。特に、ヒカリバエがついていた人がやられてしまった時は、すぐにヒカリバエがつく人が変わり、連続してやられてしまうリスクが高くなってしまいます。「スペシャルパウチはできるだけ温存したい」という気持ちもわかりますが、WAVE1であれ、WAVE3であれ、成功を目指して惜しまず使っていきましょう!

 

 

濃霧 (はんにんまえ~/干潮・通常・満潮)

内容

WAVEの名前通り、濃い霧がステージに発生してしまいます。コンテナのある場所からはタワーやカタパッドなどの遠くに出現して基本近づいてくれないオオモノシャケは見ることができないでしょう。

また、普段のバイトでは登場しない、「キンシャケ」というレアなオオモノシャケが出現します。キンシャケを倒すとランダムに1、5、10個の金イクラをランダムに落としてくれます。キンシャケは一番近いプレイヤーを追いかけて、シャケ並みのスピードで素早くフライパンでたたいてきます。

 

意識したい立ち回り

がずー。
最大10こ金イクラを出してくれるキンシャケは、できるだけコンテナに近づけてから処理しようね!

・【キンシャケ処理】できるだけコンテナに近づけて…Go!
たつじんになりたての場合、キンシャケが金イクラを10個落としてくれた時に、それをすべて納品するだけで一気にWAVE成功に近づきます。しかし、コンテナからとても遠い位置でたおしてしまうと金イクラを運ぶ時間がとてもかかってしまいます。運ぶ時間が長くなると、周りのシャケやオオモノシャケをたおす時間が取れず、キケンな場面が多くなってしまいます。必ず10個出るわけではないですが、運ぶのを楽にして、確実にクリアするためにも、ぜひキンシャケはコンテナ近くまで寄せてみましょう!

 

・たくさん動いてたくさん見よう!
遠くの状況が見えない中で動くので、一方を集中的に処理していたら後ろから…ということも。金イクラを運んでいる間だけでも、目の前だけではなく横や後ろも見ながら移動しよう!この時間たったら後ろからもうそろそろ来ててもおかしくない…など、考えを巡らせて行きましょう!

 

・オオモノだけじゃなくいつも以上にシャケ(コジャケ・ドスコイ含む)も処理しよう!
昼WAVEであれば、オオモノシャケは一方から出現するが、濃霧の時だけは違います。通常の量よりは少ないが、スタートから同時に全方向からシャケがわいてきます。オオモノシャケの処理や金イクラ運びに意識を向けすぎると、気づいたときにはシャケに囲まれてしまいます。もちろん地面や壁も塗られてしまうので、移動もおろそかに…。キケンになる場面が多くなってしまいます

 

 

グリル発進 (はんにんまえ~/通常・満潮)

内容

プレイヤー1人に対して赤いターゲットを当てつつ、そのプレイヤーを最短距離で追い掛け回す「グリル」と、グリルから降りてくるコジャケがプレイヤーをおそってきます。

グリル本体は完全無敵状態。しかし、グリルの後ろについているピンクの尾ひれのようなものが弱点で、そこに一定ダメージを与えると動きを止めることができる。同時のひれを出し弱点をさらけ出す状態となるので、追撃を与えて倒していこう。グリルを処理できると5つの金イクラを落としてくれる。

 

意識したい立ち回り

がずー。
ターゲットにされたプレイヤーの動きが重要!段差をうまく活用しよう!

・【グリルにターゲットされたプレイヤー】段差を活用してキケンを避けつつ、弱点を他のみんなに向けられるように誘導しよう!
簡単に書いていますが、実はこれかなり難しいんですよね。一番大事なのは「段差の活用」です。シャケとは違い、小さな段差だとしてもグリルは降りられません。各ステージにはコンテナの周辺に必ず段差が存在します。最短距離で追いかけてくるという習性もかけ合わせて、「グリルがここで振り向いたら弱点が他のみんなの方向を向くかなぁ」という考えを持って誘導にチャレンジしてみましょう!決してコンテナ周辺まで誘導しないように注意!一気に全滅の恐れがあります…。

 

・【主にターゲットにされていないプレイヤー】グリルに攻撃するとき、コジャケを処理するときを見極めよう!
基本的に全員でグリルへ攻撃したいところですが、足元をすくってくるコジャケも見なければいけないところがグリル発進の難易度をより上げています。ブキによって役割も分かれるところもありますが、場面によってどちらをするべきかを考えよう。火力があるチャージャーはできればグリルを、まとめて処理できるローラーはできればコジャケ処理をメインでやれると安定しやすいです。

 

・スペシャルパウチの使用はためらわない!
グリル発進は夜WAVEの中でも屈指の難易度のWAVEです。特に2匹同時発進中は注意がいろいろなところに行ってしまいがちです。すべてのスペシャルに効果があるため、ぜひ盛大に使ってでもクリアを目指したいところです。ハイパープレッサーは弱点に当てなくても貫通してダメージを与えられることはしっかり覚えておきましょう!他のスペシャルも、コジャケを処理しつつグリルへもダメージを与えうる可能性のあるものばかり。WAVE1だとしてもすべて使い切る勢いでも問題ないほどです。確実にクリアを目指しましょう!

 

 

ドスコイ大量発生 (いちにんまえ~/干潮)

内容

干潮のときだけ発生するWAVEです。ふつう出てくるシャケやコジャケの代わりに、すべてドスコイになるWAVEになります。クマサンがこのWAVE用に砲台が支給してくれ、趙火力の攻撃をすることが可能になります。

シャケがすべてドスコイに変わる以外に変化はなく、オオモノシャケはふつうとおなじく出てくるので、金イクラの出現個数は変わりません。

 

意識したい立ち回り

がずー。
ドスコイの処理はていねいに!大砲の強さを信じすぎるのもNGです!

・【大砲に乗るプレイヤー】メインはあくまで「ドスコイの処理!」オオモノシャケはタワーやカタパッドを中心に!
ドスコイはダイナモローラーやリッター系ブキでなければなかなか処理しきれません。その間にオオモノシャケが迫ってきてしまうことがほとんどです。あくまで「オオモノシャケの処理や金イクラ回収をしてくれるプレイヤーの補助」と「遠くで出現したタワーとカタパッドの処理」に集中しましょう。テッパンやへびなどのオオモノシャケは、ドスコイをかいくぐって自分からコンテナの方へ近づいてくれるため、処理役のプレイヤーに任せるのもよいでしょう。もちろん、余裕があればオオモノシャケの処理のお手伝いをしてもよし。
バクダンは頭に液体をためるモーションに入ったときにどこでもいいので当てることができれば処理できるという知識も持っておきましょう。

 

・【回収に回るプレイヤー】オオモノシャケはできるだけコンテナに寄せて処理しよう!
通常のWAVEと違ってドスコイしか出てこないWAVEになるので、タワーやカタパッドを倒した後の金イクラを取りに行くために無数のドスコイが壁となり、かなりの時間とインクを消費してしまいます。それよりも自分から近づいてくれるオオモノシャケを安全に処理して納品する方が得と言えるでしょう。確実に成功を目指すには、丁寧なオオモノシャケ誘導・安全な処理と納品に限ります!

 

・常に砲台に乗る人は最低1人、多くても2人まで!
最初にも言いましたが大砲は強いです。どんなオオモノシャケもなぎ払うことができます。出現してすぐに処理することもできるでしょう。しかし、目的を忘れてはいけません。一定数の金イクラ納品をすることが最重要なのです。オオモノシャケやドスコイを処理することだけに集中してしまうとクリアが遠ざかってしまう可能性もあります。残り時間も意識しつつ、納品が間に合いそうになければ砲台を捨ててスペシャルや支給ブキをうまく使って納品に回ることも選択肢として持っておきましょう!

 

キンシャケ探し(カンケツセン) (じゅくれん~/通常・満潮)

内容

ステージ上に多数のカンケツセンが現れます。このWAVEではオオモノシャケは「キンシャケ」しか出てきません。キンシャケは複数あるカンケツセンのうち、どれか一つにだけ隠れています。カンケツセンに攻撃することで噴出させ、中にいるシャケを出現させることができます。はずれの場合はシャケ(コジャケ・ドスコイも)が、当たりの場合はキンシャケが出現します。

カンケツセンから出現したキンシャケは攻撃してくることはなく、早く身を隠そうと、別のカンケツセンの中に隠れようと逃げ出します。その間にキンシャケに一定ダメージを与えるたびに、金イクラを一つずつ落とします。

 

意識したい立ち回り

がずー。
カンケツセンの吹き上がる量・色に着目!コンテナから一番遠いカンケツセンから開けるべし!

 

・絶対に!!!コンテナから遠いカンケツセンから開けて、カンケツセンの様子を見るべし!
キンシャケのいないカンケツセンを開けてしまうと、そのカンケツセンからは無限にシャケが出てきてしまい、とてつもなく危険な状況になってしまいます。納品をすることを考えてコンテナ周辺はできるだけ安全にしたいため、必ず遠くのカンケツセンから開けましょう。また、外れのカンケツセンを開けてしまったとしてもそこから得られる情報があります!「開けたときの音」と「カンケツセンの色」です。「ぽわぁん」という音がして開き、そのカンケツセンから黄色の光が漏れているときは、キンシャケが隠れているカンケツセンがそこから近い、ということになります!音も光もなかった場合は別の方向の、同じく一番遠いカンケツセンを開けに行くのがよいでしょう。

 

・カンケツセンの中にはキンシャケは1匹のみ!
キンシャケは一匹出現して他のカンケツセンに逃げる、または倒しきるまでは絶対に1匹しかでません。キンシャケが出た時は他のカンケツセンを開けるのは絶対にいけません。シャケがたくさん出てきてキンシャケへの攻撃に集中できない状態になります。最悪シャケにやられてしまったり、シャケのインクにまみれてしまったりしてしまい、金イクラの納品がままならずに失敗する可能性が一気に高くなってしまいます。

 

・カンケツセンの決まりを知っていれば、ほぼ成功に持っていけるWAVEです!
それぞれのカンケツセンは地下でつながっています。基本的に隣り合っていたり、近かったりするカンケツセン同士がつながっているため、カンケツセンを開けたときの情報をもとにして開ける回数を少なくキンシャケを見つけることも可能です。「ここから開けるべし!」という情報もだいぶ出回っております。その決まりも踏まえ、カンケツセン同士がどのようにつながっているかについて詳しく見たい場合は、下のWEBアプリを使用するのがよいでしょう。

サーモンラーン(salmon learn)ガンジー氏作

https://gungeespla.github.io/salmon_learn/

 

 

ハコビヤ襲来 (じゅくれん~/満潮・通常・干潮)

内容

「ハコビヤ」という母艦が上空遠くに現れ、上空から攻めてきます。通常、母艦には直接ダメージを与えることができませんが、納品した金イクラを取り戻そうとコンテナに2回だけ管を装着させ吸い付く動きを見せるときだけ、追い返すための攻撃が可能になります。このとき、吸い付く時間が一定時間を過ぎるごとに金イクラが母艦に吸い取られてしまいます。

WAVE中はハコビヤからひっきりなしに「シャケコプター」という特殊なシャケが飛来し、シャケ(コジャケ・ドスコイも)が入った箱を置きに来ます。シャケコプターが母艦に逃げ帰る前に攻撃を当てて倒すことができると金イクラを一つ落とします。おかれたコンテナからは一定数のシャケが出てきて、さらに一定時間が経過すると赤く膨らみ、破裂します。

 

意識したい立ち回り

がずー。
ハイパープレッサーを1回、正しく使うだけで成功はほぼ確実!的確に使っていこう!

 

・ハイパープレッサーを確実に使って、大量の金イクラを降らせよう!
説明の中で、母艦は2回、コンテナに吸い付いてくるということを説明しましたが、このタイミングで生かせるスペシャルが「ハイパープレッサー」です。コンテナに吸い付く直前(吸い付いた直後でもOK)にハイパープレッサーを発動し、「母艦本体」と「シャケコプターの発生場所」を貫通するように打ち込むだけで、本体に攻撃しつつ、出現したてのシャケコプターを倒すことができ、金イクラをコンテナ周辺にたくさん出現させることができるのです!

 

・遠くのシャケコプターは基本無視!手近な金イクラを集めよう!
本体を追い返す時間もあるので、意外に時間が無くなってしまうこともあるのがハコビヤの特徴です。遠くのシャケコプターを処理して金イクラを1つ納品する時間と、近くのシャケコプターを処理して2つ納品する時間がほぼ同じです。遠くでシャケが出現してしまっても、プレイヤーのところまで来るまでに時間があります。近くの金イクラを効率よく回収する方が成功に近づくでしょう。

 

・といっても、シャケ処理も忘れずに!
遠くのコンテナから出現したシャケは、なんとタイミングのいいことに、母艦が吸い付きを始めて、プレイヤーが追い返すための攻撃をしているときにちょうどコンテナ近くに到着する形で襲い掛かってきます。母艦が吸い込みに来る少し前までは金イクラ納品はもちろん、周りのシャケ処理も少し行えると安定してクリアを目指すことができるでしょう!

 

 

目指せ!たつじん200の世界!

 

サーモンランのたつじんアルバイターの中では、どうやらレート200以下の人は200以上の人とマッチングしない(しにくい?)ようです。称号こそ同じですが、たつじんのさらに上の目標として、次はたつじん200以上を目指すのがよいでしょう!

もちろん、その分ノルマも上がりWAVE中に出てくるシャケの数や夜WAVEの内容も、より過激なものとなっていきます。失敗してもあまり気落ちせず着実にレート200を目指し、もっといけそうであればぜひたつじん400を目指していきましょう!

 

それでは、本記事はここまで!また何かあれば更新していきますね!

がずー。でした!

 



少しでもビビッと来たらぜひシェアください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アラサーに足を突っ込んだ、転職すでに2回もした一般男性です。 趣味であるゲームや動画・配信視聴などから様々な機会・出会い・交流に恵まれて、何とか生きてます。その経験も踏まえて、日々思うことや気になることを中心に少しアウトプットしていこうと思っておりました。 最近、iPhoneに機種変更してウキウキしてます。(イラスト:おいしいさかな さん)

カテゴリー