【つれ本特別編】今だから読みたい「7つの習慣」│影響の輪・関心の輪

今こそ大切な「影響の輪にフォーカスする」ということ。

 

皆さんこんにちは、がずー。と申すものでございます。

 

今回は、昨今のコロナウイルス関連の話題への、いろんな人の反応を見ていて思うところがありまして、急遽書きたいと思い立った投稿になります。

 

現在進行形で読み進めている本は別であるのですが、今回は過去に読了した本の中で『今だからこそ大切にしたい』と僕が感じた事項について書いてある書籍を紹介します。
本当であれば、すべての内容をさらうことで真の効果を発揮する自己啓発本ではあるのですが、取り急ぎ「自戒」も込めて紹介させてください。
早速ですが内容に入っていきます。著作紹介やコンセプトなど、普段の紹介時の項目などは最後にしておりますので、興味のある方はぜひ読んでいただければと思います。

 

 

先に、僕のいいたいこと。

気にしたり、考えたりしても仕方のないことを考えるのはやめませんか。
それよりも、時間やエネルギーを注ぐ必要のある事柄があるはずです。

 

政府や自治体の動き、マスコミの報道の仕方、マスクの配送、コロナウイルスの感染状況などなど…いろいろ口を出したいことや不安なこともあると思います。
しかし、それになんやかや言ったって、今すぐに現状が変わるわけじゃないはずです。
だったら、その時間やエネルギーを、感染拡大防止のための情報収集やコロナウイルスが落ち着いた後のための自己研鑽などに使うことはできませんか?
絶対その方が、日本も、そして自分自身も良い方向に向かっていきます。

 

と、Twitterのトレンドと、一部フォロワーさんの発言内容、リツイートする情報を見て思いました。

 

 

影響の輪と関心の輪について。

今回紹介したい内容は、上で書いた自身の意見の考え方についての要素である、

 

「関心の輪」「影響の輪」
●「『影響の輪』にフォーカスする」ということとはどういうことか
この2つについてです。

 

この内容は、本来であれば、「第1の習慣」という、最も基本的な事項について説明している内容になります。まずは、それぞれの項目について紹介させてください。

 

おことわり
本書の内容を自分なりにかみ砕いて記していきますので、厳密には内容があっていない部分も出てくるかもしれません。その点ご了承くださいませ。

 

「関心の輪」と「影響の輪」

 

「関心の輪」とは…

今、あなたが興味を持っていたり、懸念していたりしているすべての事柄についてのことを指します。

 

例えば…
  • 今日の天気
  • 先週失敗した業務
  • 話した相手の機嫌
  • コロナウイルスの感染者数
  • 欲しいゲーム
  • 明日の仕事内容
  • お隣さんのマスク事情
  • プログラミングの学習
  • 残っている課題・宿題  などなど…。
本当に、挙げればきっとキリがありません。人によっても異なりますし、状況によっても異なっていきます。

 

 

「影響の輪」とは…

先ほど挙げた事柄についてもう一度見てみましょう。

 

  • 今日の天気
  • 先週失敗した業務
  • 話した相手の機嫌
  • コロナウイルスの感染者数
  • 欲しいゲーム
  • 明日の仕事内容
  • お隣さんのマスク事情
  • プログラミングの学習
  • 残っている課題・宿題 などなど…

 

 

結論を先に言いますと、「影響の輪」とは、「あなた自身が、直接その事象に影響できる事柄」のことです。

 

 

ちょっと詳しく説明します。
先ほど箇条書きした内容を、影響の輪に入るものとそうでないものに分類してみましょう。
このような感じになるのではないでしょうか。
(これはあくまで僕の分け方なので人によって違うことは承知の上です…。)

 

例えば僕の場合、コロナウイルスの感染者数について。どれだけこの数字に関心を抱いたとしても、あなたの行動で数字の増減に関与することは基本出来ません。関与するとすれば自身が感染した時でしょうか。もちろん、医療関係者の方についてはこれが仕事に入ってくるため思いっきり影響の輪に入りますね。
先週失敗した業務についても同様です。これについてどれだけ後悔したとしても、その結果はすでに起きてしまったもので、変えることは絶対にできません。

 

逆に、明日の仕事内容については今日の頑張りで、仕事の量を減らすこともできます。もちろん、今日の仕事を明日に回すこともある程度できますよね。
欲しいゲームについてはそのままです。早速購入したり、まだ発売していないときは予約をすることができます。なんなら、事前に様々な情報を取り入れて楽しみを倍増させるのもいいかもしれません。
ただし、注意したいのはどれだけ自分が調べたり興味を持ったりしたとしても、発売日は決められてますし、もしかしたら延期になってしまうかもしれません。この内容については影響の輪に入れることができません。

 

フォーカスすべき事象は「影響の輪」であるべき。

 

これまで書いたように、私たちが抱く「関心」の中には、「あなた自身が、直接その事象に影響できる事柄」とそうでない事柄の2つに大きく分けられるということです。
本の中ではこのことを包含関係の図で表しています。

 

大切なのはここからです。
自分の行動を思い返した中で、自分がどの事象について時間やエネルギーを割いているでしょうか。

 

 

影響の輪にフォーカスするということ

仮に、自分が影響できること(=影響の輪の事象)にフォーカスする(=時間やエネルギーを注ぐ)と、結果的に自分の知識や経験が広がります。
そして、さまざまな事柄がプラスに働いていくので、影響の輪が少しずつ広がり、もともと影響の輪に入れられなかった事象にも影響を与えうる結果に繋がります。

 

 

 

関心の輪にばかり気を取られていると…

 

逆に、自分が影響できないこと(=関心の輪の事象)にフォーカスしてしまうと、自分が影響できることに使える時間やエネルギーをただただ浪費してしまいます。
また、ネガティブ思考になったり、今すべきことに意識が向きにくかったりするために、具体的な行動を起こすことが減ってしまい、徐々に自分が影響を及ぼす範囲が狭くなってしまいます。

 

ここまでの内容を踏まえた上で、自分自身に問いかけてみてください。
「あなたが今、時間やエネルギーを注ぐべき事象は何ですか?」
内容についてはこれで以上になります。最後までお読みいただき、ありがとうございます…!

 

 

以下は本紹介時のコンセプト、本と著者紹介について記しております。

 

読んだ本の、ほんの感想。のコンセプト

がずー。
この本紹介ブログのコンセプトをいくつか設けました。!
確認したい方は下のボタンよりご覧ください!
おことわり 今回の記事はコンセプトを無視して記していきますのでご注意ください。

 

・著者と本について。
→基本的にプロフィールと本の帯、章立ての紹介になります。
この本を読もうと思ったきっかけも含めて記しますね。
・全体的な内容。
→文字通り、ほんの全体の内容とそれについての簡単な感想です。
・きになった、ほんの内容。
→章ごとに1つ、本文を引用して気になった内容を紹介して感想を記します。
・自分に刺さったフレーズ。
→今の自分にとって刺さったフレーズを3つ、引用のみで紹介します。
・ひとことまとめ。
→自分が思ったことをそのまま一文でまとめます。

 

著者と本について。

今回は、スティーブン・R・コヴィーさん著、完訳 7つの習慣 人格主義の回復になります。

 

著者プロフィール。

かなり有名な方です(この本を読んだときは全く知らなかったのですが…)。

スティーブン・R・コヴィー

1952年、ユタ大学卒業。1957年ハーバード・ビジネス・スクールでMBA取得。 1976年、ブリガムヤング大学にて博士号取得。 ブリガムヤング大学で、学長補佐、および経営管理と組織行動学の教授を務める。 フランクリン・コヴィー社(本社アメリカ)の共同創設者であり副会長。 “The 7 Habits of Highly Effective People”の著者として世界的に有名。

英国『エコノミスト』誌によれば、コヴィーは今、世界で最も大きな影響力を持つ経営コンサルタントとされている。妻サンドラ・メリル・コヴィとユタ州プロボに在住。9人の子供と36人の孫を持つ。熱心な末日聖徒イエス・キリスト教会/モルモン教の信徒であり、信者向けの信仰書も執筆している。

著書『完訳 7つの習慣 -人格主義の回復』は3000万部以上の売上げを記録し、日本でも200万部以上が販売されている。さらに38の言語にも翻訳され世界的なベストセラーとなる。また2002年、『フォーブス』誌の「もっとも影響を与えたマネジメント部門の書籍」のトップ10にランクインし、『チーフ・エグゼクティブ・マガジン』誌では「20世紀にもっとも影響を与えた2大ビジネス書」のひとつに選ばれる。

2012年7月16日、自転車事故の負傷がもとでアイダホ州アイダホフォールズの病院で死去。79歳没。

Wikipediaより抜粋

 



少しでもビビッと来たらぜひシェアください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

アラサーに足を突っ込んだ、転職すでに2回もした一般男性です。 趣味であるゲームや動画・配信視聴などから様々な機会・出会い・交流に恵まれて、何とか生きてます。その経験も踏まえて、日々思うことや気になることを中心に少しアウトプットしていこうと思っておりました。 最近、iPhoneに機種変更してウキウキしてます。(イラスト:おいしいさかな さん)

カテゴリー